読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るログ

片言語学力で海外生活中

SharePointでWebDAV経由でアップロードするとエラーが表示される

f:id:zakk310:20170424215936j:plain

「年1回、1回だけだから!!」っということで引き受けたSharePointのコピペのお仕事。最近は週1回の割合で作業しており「聞いてる頻度と全く違うんだが・・・」とありがたい仕事量をいただいているためかSharePointのコピートラブルに遭遇することが多くなりました。

今回は、そのSharePointにアップロードしたテキストファイルの確認のときの出来事です。

SharePointではファイルをライブラリにアップロードしますが、ライブラリってどうも馴染みがないので普段は「エクスプローラから開く」でエクスプローラの見慣れた画面でファイル操作をしており、そちらを使用してます。

そのエクスプローラ上で、ファイルを開こうとすると何故か「ファイルサイズが、許可された制限を超過しているため、保存できません。」のメッセージが表示されました。容量はまあまあ大きさで開こうとしているアプリの問題かと思い、試しにノートパットで開こうとしましたが同じでした。
もう一つ試しにコマンドプロンプトから「type」コマンドも同じメッセージが表示されてしまいました。

WebDAV経由は制限が掛けられている

コマンドプロンプトを使用するのにパスが長いと面倒なのでネットワークドライブに割り当てて作業してましたが、そのとき気が付いたのですがドライブマウントのURLを見てみると、WebDAVでした。

このWebDAVが気になり調べてみたところ、Windowsでは50MBの制限がかけられているようです。
レジストリの変更や、MicrosoftからFixitを導入して修正が可能です。

Web フォルダーから 50000000 バイトより大きいファイルをダウンロードするときのフォルダーのコピー エラー メッセージ

使っているWindows7のPCのレジストリを確認すると50MBに設定されてました。
そこで10倍の500MBに設定を変更して再起動後確認してみたらノートパットやtypeコマンドでも「許可された制限を超過した」のメッセージは表示されなくなりました。ありがとう!

それにしてもファイルサーバのような使い方ってあまりSharePointには向かないと思うのですがどうなんでしょうか。