読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るログ

片言語学力で海外生活中

WordPressで表示が遅いので高速化をしてみた

ブログ運営

egrade

自宅は、ネットが遅いので正直なところサイトの表示が早い?遅い?という体感がよくわからない。

でもGoogle Analyticsを見ていたところサイト表示の平均時間が6.8秒と数値で表示されていたため、「これは何とかせねば」と思い、少し高速化するにはどうすればいいかと適当にやってみたログ。

Google DevelopersGTmetrixを見ると画像の最適化や、CSS、JSに問題があるようでプラグインが何個か表示されていました。

GTmetrixではE判定です。

ロリポップを利用しているのでPHPのバージョンアップとAPCの導入と、W3 Total Cacheのプラグインのインストール設定

まずはトータルの設定ですが、PHPのバージョンアップでも変わるんですね。

共用サーバで手軽に導入できる、管理が楽なWordPressの高速化
 

WP Smush.it プラグインをインストールして画像を最適化

次は画像最適化です。

画像を最適化するプラグイン WP Smush.it

全部の画像を最適化するのに時間が掛かりましたが、再度GTmetrixを試したところD判定。少しですがここまでも効果があったようです。

プラグインを停止

GTmetrixで「Use efficient CSS selectors」などCSSの項目に表示されているものと、使っていないTwitterのプラグインTweetable、Tweet old post の2つを削除し、さらに 新着記事にサムネイルを表示させるプラグインNewpost Catchを無効したところ・・・

agrade

A判定(・∀・)

でもNewpost Catchは、使用しているので再度有効化に戻したら、D判定となり足を引っ張っているのはNewpost Catchと確定しましたが、便利なプラグインなので無効にする前に似たような機能の別プラグインが見つかるまでは、有効化にしようと思います。

んでは!